2020 INFORMATIONコンファレンスプログラム

B-7「コロナ禍におけるライブ・エンタテインメントのあり様 ~ライブ・エンタテインメントベニューのあり方~」

本セッションでは、 コロナ禍におけるライブ・エンタテインメントのあり様をテーマとする。
新型コロナウイルスの影響により、 入場料が必要な舞台や音楽コンサート、スポーツなどイベントの中止や延期は
今年2月から来年1月までの1年間で約43万2000件、損失は年間市場規模の77%にあたる約6900億円と
推計される 。加えて、 開催済み・開催予定・中止延期情報に基づいて試算 された フェス市場規模(チケット売上推計総額)は
2019 年の 1 割程度の水準に落ち込むと みられる。 代替 する 選択肢としての「オンラインライブ配信」が勃興する今もなお、
ライブ・エンタテインメント産業における収益の根幹はイベント興行 である。コロナウイルスの影響による観客数の制限下で、
ライブコンサートをどのように成り立たせていくのか、そして、ライブコンサートを行う 「 場 」 としての
スタジオ や アリーナは 、 どのような機能・設備を備え、どのような 対応をしていかなければならないのか。

今回は、開業したばかりのMM ぴあアリーナを事例に、インフラ側であるぴあ様とライブコンサートという
コンテンツを提供する側のプロモーター、それぞれの思いやウィズコロナ時代における施策に迫る。

企画協力: ECSA(一般社団法人Entertainment Committee for STADIUM・ARENA)

登壇者プロフィール

  • モデレーター

    一般社団法人 コンサートプロモーターズ協会 常務理事

    長井 延裕

    1984年富士銀行(現みずほFG)に入社、法人融資営業担当。
    1989年に株式会社フジテレビジョンに入社し、事業局にてイベント、
    メディア・コンテンツ&エンタテインメントビジネス、経営企画局にて
    経営戦略・IR・特定案件(事業投資・提携、施設開発等)に従事。
    2009年同社退社後、持続可能な循環型社会創りのための市民事業を
    支援・実践するapbankに参加、東日本大震災復興支援、店舗・施設
    開発等に従事。
    2014年に官民ファンド・株式会社海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)に
    入社し、日本のクリエイティブ産業の海外市場開拓に資する投資案件開拓、
    投資先事業価値向上・事業連携を担当。2018年9月同機構退社後、
    メディア・コンテンツ、エンタテインメント、スポーツ、事業戦略、施設開発、
    地方創生・地域経済活性化などソーシャルデザインの諸分野に関する国内外の
    団体・企業・自治体へのアドバイス・コンサルティング活動に従事。
    2018年11月から一般社団法人コンサートプロモーターズ協会に参加。

  • パネリスト

    ぴあ株式会社 取締役 執行役員

    村上元春

    1988年4月にぴあ株式会社入社。2008年に同社執行役員。2012年に同社上級執行役員、2014年から取締役に就任。
    現在は、同社取締役事業統括担当に加え、エンタテインメント事業開発、CSR、HR創造(人材開発)、戦略企画、
    経営改革推進を担当。また、ぴあ社以外では、一般社団法人チームスマイル常務理事。
    株式会社ダブルエイト・ミュージック 取締役プロデューサー。TAプラットフォーム株式会社 取締役。
    チケットぴあ九州株式会社 取締役を務める。

  • パネリスト

    株式会社ブルーモーメント 代表取締役

    田山 順一

開催情報

開催日時 2020年10月7日(水)14:00 - 14:45
会場 コンファレンス会場B
チケット種別
  • 1dayチケット
  • 2dayチケット

コンファレンスの聴講チケットの購入はこちらから

聴講をご希望の方は、以下のボタンのリンク先のチケット情報をご確認のうえ、チケットの購入をお願いいたします。

参加登録・チケット購入ページへ