スポーツ×SDGs

―スポーツの力でSDGsへの取り組みを加速させよう―

スポーツビジネスジャパン2019 together with スタジアム&アリーナ2019は、スポーツの持つ力をドライブに、SDGs(持続可能な開発目標)の解決に貢献していきます。持続可能な社会の実現と、次世代の輝く未来のために。いま、私たちができることから。

SDGsとは

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、17のグローバル目標と169のターゲットからなる、国連の開発目標です。2015年9月の国連サミットで採択され、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成することを目標として掲げています。 

SDGsに関しての詳しい情報はこちら 

SDGs達成に向けた本展示会での取り組み

1.持続可能な展示会運営を目指します。

可能な限り、環境負荷を低減させる資材・機材の調達や、地産地消の推進、紙・消費電力の削減など、環境に配慮した調達を実施します。

●ペットボトル削減のためにーマイボトルをご持参くださいー

会場内各所に無料の給水スポットを用意します。

コンファレンススピーカーの皆様にも、マイボトルでご登壇いただきます。

ペットボトルゴミ削減により、マイクロプラスチック問題の解決に貢献します。

ご来場の際には、ぜひマイボトルをご持参ください。

 

(会場内の無料給水スポットのご提供:ウォータースタンド株式会社)

● タニタカフェによるタニタコーヒー、ハーブティーの提供

健康総合企業の(株)タニタが展開する「こころの健康づくり」につながるエッセンスを採り入れた新しいスタイルのコンセプトカフェ「タニタカフェ」。

同店の人気メニューである、タニタコーヒーとハーブティーを会場内に設置するVIPエリアで提供します。

 

詳しくはこちら https://shop.tanita.co.jp/coffee/

 

● パレスホテル大宮の取り組み

ネットワーキングレセプションでは、社会貢献活動として、生ごみの再資源化に積極的に取り組むパレスホテル大宮のケータリングをご用意します。ホテルから出た残菜を生ゴミ処理機で有機肥料にし、その肥料を地元の契約農家が使用して野菜を育て、その野菜をホテルの宴会場及びレストランで使用するという完全リサイクル化の取組を応援します。

 

詳しくはこちら https://www.palace-omiya.co.jp/company/csr.html

 

パレスホテル大宮の取り組み

● ICTを活用した持続可能な展示会運営の実証フィールドを提供

スポーツビジネスジャパン2019 together with スタジアム&アリーナ2019では、入場登録時、コンファレンス聴講受付時の混雑解消を目的とした入場管理およびICT技術の実証の場として、顔認証システム(サービス提供:パナソニック株式会社)を導入します。

 スポーツ界で日常的な活用が見込まれる顔認証システムを、いち早く体験していただけます。ICT活用により運営人員を削減し、正確でスピーディーな認証でイベントのクオリティーを向上するとともに、早期実装の実現へ貢献してまいります。

一般参加型の展示会※1としては国内初の試みとなります。(2019年10月15日現在㈱コングレ調べ)

※1 企業主催のプライベート展示会を除く展示会

 

パナソニック社の顔認証ソリューション https://sol.panasonic.biz/solution/face-recognition/

顔登録受付

2.本展示会へご参加いただく皆様にSDGsに触れていただく機会をご提供

● スポーツ×SDGsをテーマにしたスペシャルコンファレンスの開催(事前予約制・聴講無料)

スポーツスポーツの力でよりよい社会づくりを。スポーツの持つ力とその可能性、ベストプラクティスを共有し、スポーツの力を活用した社会課題の解決について考察します。

● さいたま市の推進するフードドライブの取り組み

さいたま市の推進する食品ロス削減の取り組み「フードドライブ」をスポーツビジネスジャパン2019会場内のさいたま市ブース(B-4)で実施いただきます。

フードドライブとは、「捨てるのはもったいないけど、食べきれない・・・」そんな余った食品を回収し、地域の福祉施設などに寄付することで、食品ロス削減を図る取り組みです。会場内のさいたま市ブース(B-4)で回収した食品は、「特定非営利活動法人フードバンク埼玉」を通じて地域の福祉施設などに寄付されます。

―フードドライブご協力のお願い―
スポーツビジネスジャパン2019で「フードドライブ」に参加しよう!

ご家庭にある、以下の「4つの条件」を満たす食品を会場内さいたま市ブース(B-4)へお持ちいただき、ぜひフードドライブにご参加ください!

■フードドライブで回収する対象の食品

① 賞味期限が明記され、2か月以上あるもの

② 常温で保存可能なもの

  ※ 生鮮食品、冷凍食品は対象外

③ 未開封であるもの

④ 破損で中身が出ていないもの

寄付できる食品例

 

● 穀類(麺類、小麦等)

● 保存食品(缶詰、瓶詰等)

● インスタント食品、レトルト食品

● ギフトパック(お歳暮、お中元等)

● 調味料各種、食用油

● 乾物(ふりかけ、お茶漬け、のり等)

■お持ちいただいた食品の回収場所:さいたま市ブース:ブース位置 B-4

そのほか、皆様にご参加いただけるイベントを企画中です。詳細は確定後告知いたします。

ご来場にあたってのお願い

■マイボトルのご持参にご協力ください。 

本イベントでは、ペットボトルゴミ削減により、マイクロプラスチック問題の解決に貢献するため、マイボトルの運動を推進いたします。会場内各所に無料の給水スポットを用意しますので、ぜひマイボトルをお持ちいただき、給水スポットをご活用ください。

■さいたま市ブース(B-4)でのフードドライブにご協力ください。

さいたま市の推進する食品ロス削減の取り組み「フードドライブ」をスポーツビジネスジャパン展示会場内さいたま市ブース(B-4)で実施いただきます。

ご家庭にある、「フードドライブで回収する対象の食品」※1をぜひお持ちいただき、さいたま市ブースでご寄付ください。

■ウオームビズでのご来場にご協力ください 

3.会場内では、各出展者様のSDGsの取組を統一的に掲示します